お薦め

カットから婚約指輪を探す

婚約指輪は、女性のあこがれのジュエリーです。
結婚式までの間、その日を楽しみにしながら身につける指輪です。
特別な日ではないと、高価な指輪はなかなかつける機会がありません。

でも婚約指輪だけは結婚までの間、毎日つけるものです。
いろんな人にも、みられる機会が多いです。
だからこそ、お互いが納得して素敵な婚約指輪も見つけたいですよね。

婚約指輪といえば、ダイヤなどの宝石、
リングのデザイン、リングの素材などこだわるところが人それぞれです。
でもなかでも一番のこだわりは、ダイヤの質ではないでしょうか?

ダイヤの価値は4Cによって決まります。
4Cとは、Color、Cut、Carat、Clarityの4つの単語の頭文字のCをとって、4Cといわれています。
それそれのランクによって、ダイヤモンドの価値が決まります。

婚約指輪の中でもダイヤのランクによって、金額は大きく変わります。
それだけ、ダイヤの質が婚約指輪の金額の大部分を占めています。
だからこそ、ダイヤは慎重に選んぶべきものです。

では何を基準に選んだらいいのでしょうか?
4Cそれぞれ選ぶポイントがありますが、中でもCutについて考えたいと思います。
その他のCについては、http://xn--h1su5riuw9sq.name/に書いてあります。

ますCutに関しても、5段階のランク付けがされています。
最高ランクがExcellentでVeryGood、Good、Fair、Poorの順でランク付けされています。
これらのランクは、ダイヤモンドの研磨の違いで、ランクが高いものほど光に当てられたときに輝き方が美しです。

婚約指輪は特に、ダイヤの質で大きく変わってきます。
なのでジュエリーショップで、
婚約指輪用の宝石はGood以上のものしか扱われていないと、
いいほどの質のいいものが集められいます。
知識があまりなくても、選び方を失敗することは少ないです。

ただしCutに関しては、カットの仕方によって、光に屈折に違いがでてきます。
なのでCutのデザインにはこだわったほうがいいでしょう。

よく婚約指輪に使われるCutの方法は、ブリリアントカットと呼ばれるカット方法です。
ほとんどの婚約指輪は、この方法でカットされています。
ブリリアントカットとは、ダイヤの表面が58面体になるように削られていて、最もダイヤモンドがきれいに輝くといわれています。

ブリリアントカット以外にもいくつかのCutの形があります。
涙の雫のようなデザインのペアシェイプいというカット、四角や長方形の形にカットされたプリンセスカットがあります。
珍しものでは、カートの形にカットされたハートシェイプというカットもあります。
しかしこれらのブリリアントカット以外のカットには、鑑別証に4Cの5段階ランクは付けられません。
なので、自分の目利きが必要になります。