お薦め

価格帯・予算から婚約指輪を探す

婚約指輪とは、通常のファッション指輪と違い、高価なものが多いです。
それはやはりダイヤの質の違いや、デザイン性、素材の違いなどが理由に挙げられます。

以前は婚約指輪は、給料の3カ月分などといわれていましたよね。
今でもその固定観念が強く、思いきって購入したという話をよく聞きます。

しかし現実的な考えの女性も多く、
婚約指輪はできたら欲しいけどそんなに高価なものでなくてもという声も多いです。
もし給料の三カ月分だと仮定した場合、
手取りで20万だとしても60万以上の婚約指輪を準備することになります。
実際購入した人の平均的な金額はというと、
およそ35万ぐらいから40万ぐらいが一番多くなっています。
不景気ということもあるのかもしれませんが、女性からも堅実な意見が多いのも確かです。
婚約指輪の相場については、http://xn--h1su5riuw9sq.org/で確認できます。

結婚式に向けて、式場や衣装、結婚指輪、新婚旅行などなどとても多くのお金が必要になります。
なので、婚約指輪以外にお金を回したいと考える人も多いです。

正直なところ婚約指輪に関しては、上を見ればきりがありません。
芸能人がよく婚約会見などで、何千万という指輪をもらったというニュースも耳にします。
婚約指輪にそれだけの価値を見出す人もいれば、そうでない人もいます。

何より一番大事なのは、相手のことを思って選ぶということです。
思いのこもったものは、必ず相手も喜んでもらえます。
かといって何も決めずになんとなく見ていては、何も決めれません。
なので、おおよその金額や価格帯を決めて下見をされることがお勧めです。

価格帯は10万台のものからありますし、具体的にいくらと決めてみられるのも一つです。
特にお店によって価格帯なども大きく変わってきます。
なので、予算をあらかじめ決めておけば、どのお店ならより価値の高いもの購入することができるのかが分かります。
なお、参考までにhttp://www.delonghimicrowave.info/に中古の婚約指輪について書かれています。

婚約指輪を値切る人は、男性としてプライドもあるのでほとんど言わないかと思います。
しかし男の人としては、よりいいものを渡したいという気持ちはおおいにあります

例えば、同じ値段でもダイヤの多きさは0.5カラットで、カラーのランクがVS2のダイヤがあるとします。
もうひとつは、ダイヤの大きさは0.4カラットで、カラーランクがVVS1のものがあります。
同じ予算でも、必ず違いが出てきます。

価格帯や予算を決めて選ぶのであれば、
4Cのうち何を優先するのかを決めておくとより選びやすいです。